派遣社員と正社員って何が違うの?

派遣社員と正社員の違い

派遣社員と正社員の大きな違いは雇用形態です。期間に限らず、正社員はその会社の大事な従業員であり、派遣社員はあくまでも他社の従業員という位置付けになります。長年、派遣社員として働いてきましたが、どれだけ長く働いても派遣社員にはボーナスはありません。ストップオプションや社割も会社の製品や売り上げに関わる業務を担当しても適用外です。社員以上の成果をあげれば時給は上がることもあるようですが、あくまで派遣社員は正社員を雇うより安価な労働力と高価な質を求められます。そのため、会社での発言権はなく、重大な責任のある業務は任せてもらえません。結果的に出世などには縁が遠く、いくら働いても正社員より社会的にも不安定になりがちです。しかし、社員にもない特殊な経験で派遣社員をしている人も少なからずいますが、契約により同じ職場や会社で働ける期間が異なるのも事実です。社内行事などはあまた数が足りない場合、参加への誘いがありますが、飲み会や会議など参加義務がない場合がほとんどです。チームワークを重んじる社風の場合、孤立感を抱くこともあり、社員の気質と比べるときりがありません。雇用の期間は受け入れる派遣元とに委ねられています。派遣会社

派遣社員から正社員になるためには

もともと正社員を目指してやむおえず派遣社員になった、時間や業務内容によって派遣社員としての働き方が合っていたなど、様々ですが、正社員は社会的にも重要視される立場です。派遣会社が推奨する紹介派遣は、半年間の派遣雇用の後、見込みがあれば正社員になる契約の一つです。派遣社員は即戦力を求められがちですが、安定して長期で働くことにより会社に貢献できる人材も喉ほどおり、企業次第で正社員を検討していただけると制度でもあります。しかし、実際紹介派遣の案件は通常派遣より少なく、求められる条件が厳しい場合もあります。年齢や資格、今までの経験により受け入れ側はとても慎重であることが言えます。そのため、同年齢の正社員より高いスキルが求められることもあります。また、通常派遣で5年以上同じ企業で働いていた派遣社員でも正社員への道が開かれることもあります。そこで派遣会社を選ぶには進捗に選ぶことが大切ですが、派遣会社はここがおすすめですね。如何に派遣社員として会社に溶け込むか、プラスになる人材になるかはその人次第なところが大きいということです。再就職が難しくなっている昨今、派遣社員として働いてきた経験をプラスに捉える企業により、求められるスキルを磨いておくことが正社員になるポイントではないでしょうか。

正社員より派遣社員の良いところ

正社員よりも派遣社員になることを選ぶことは、雇用形態や期間、求められるスキルがはっきりしている場合によります。また、就職氷河期などで就職のタイミングがなかった人がやむおえず派遣社員になる場合もあり、スキルアップや様々な企業での業務経験を重視したい人は派遣社員に向いているようです。どの企業でも派遣社員は女性が多いイメージがありますが、家庭の事情などで時間にも制限があるが、社会保険には加入したいなど、派遣会社へ要望を出し、働ける折り合いをつけてもらえるメリットがあります。収入や雇用期間が不安定ではありますが、正社員として働く条件が必要がない場合、会社に縛られず、自由な時間を確保できるのため、趣味や習い事など仕事以外の時間も充実します。派遣会社により福利厚生や案件は異なるので、自分にあった派遣会社を選ぶことが最も重要でもあります。会社の都合で、転勤や出世を強要されないので、ハラスメントやいじめにより派遣先を変えることも可能です。今では無期限つき派遣社員という雇用形態もあるそうなので、正社員になりたい人には同じ会社で長く働くことも夢ではなくなりました。正社員よりも派遣社員の方が休みが取れる場合もあります。